防犯と整理収納

こんにちは。
くらしの取説の瀬尾さちこです。

普段は「整理収納アドバイザ—です」と名乗らせて頂くことが多いですし、
くらしの取説のことを知って頂けている方には整理収納・片づけをしている
と認識して頂いている方がほとんどだと思います。

でも実は、防犯アドバイザ—という一面も持っていて、そんなお仕事も少し
だけさせていただいています。

「整理収納をやってる人が、どうして防犯を!?」
そんな風に思われる方も少なくないかも知れませんね。

くらしの取説が、モノと人に関すること、暮らし全般についての情報のご提供を
目指しているということも大きな理由ですが、泥棒が侵入するお家をを決める時の
見極めるポイントにも大きく関係しています。

泥棒が入るお家を決めるのはお庭が散らかっているお家

「泥棒は、お金持ちそうなお家を狙っていそう・・・。」
もちろん、そういうことも泥棒は考えているとは思いますが、実は泥棒はそのお宅が
入りやすそうかどうかを視ているようです。

●侵入のための道具となるものを提供しているお家
●人目のあまりないお家
●施錠を徹底されていないお家
●不在時間がわかったり、女性やご高齢の方など弱い方だけでお住まいなのがわかるお家
●不審に思われることなく下見のできるお家
●逃げやすい立地条件にあるお家
●防犯効果の低い対策を間に合わせでしてしまっているお家
などなど・・・。

一番入られやすいお家というのは、入られやすい状況を提供しているお家なのです。

もしかしたら、このブログをご覧頂いている方みなさんが、「うちも当てはまるかも!?」
と不安に思われてしまうかも知れませんね。

100%安心なお家はない

そう、実は100%泥棒に狙われないお家、安心なお家というのはないと言ってしまっても
いいんじゃないかと思います。
でも、リスクを減らすことは、意外と簡単なことでもあったりします。

例えば、まず、お庭まわりを見直すことから!
泥棒に、侵入するための道具を提供してしまっていませんか?

それがどんなモノで、どうすれば良いのかは、長くなってしまったのでまた次の回に
書きたいと思います。

                             くらしの取説ロゴ

1 2 3 4 5 6

Copyright kurashi no toriatsukai setsumeisyo all right reseived.