サンタクロースをむかえるために【おかたづけしよう!】

多くの学校では、冬休みに入りました。
そして、今日は、クリスマスイブですね。

サンタクロースさんは、今、子どもたちにプレゼントを届けるための準備に大忙し。
サンタクロースさんを待つ、お子さんたちはいかがでしょう?
もう準備は整いましたか?

ヨーロッパのお子さんたちは、クリスマスを控えるこの12月に、おもちゃを片づけることを教わるのだそうです。

「暗い中でもサンタクロースさんがおもちゃを踏んでケガをしないように。ケガをしたら、次のこどもの家に、行けなくなっちゃうかもしれないから。」
おもちゃだけじゃなく、本だって暗いお部屋のなかでは、サンタクロースさんが転んでケガをする原因になるかも知れませんね。

では、お子さんにおかたづけを教えるにはどうしたらいいでしょう。

ステップは、大きくわけて3つ。

1、集める
お家の中に散らばってるものを集めましょう。
床や机の上に散らばってるもの、全部を拾い集めましょう。

2、わける
もういらないモノはないかな?
もう遊ばないおもちゃや、壊れてしまっているモノ、もう使い終わったドリルや教科書は、ひとまとめに。
おもちゃはおもちゃの仲間、お勉強のものはお勉強のもので、ひとまとめに。
宝物は宝物でひとまとめに。
歳の上の子たちは、おもちゃやお勉強のものというザックリとした仲間から、さらに細かくわけていけるといいですね。

3、場所を決めてあげる
お勉強のモノは、お勉強をする場所の近くに。
おもちゃは、遊ぶ場所の近くに。
モノのお家、居場所を決めてあげるようにしましょう。

床以外の場所で。

おかたづけをすることは、サンタクロースさんへの思いやり。
家族を思いやること。
そして、モノを大切に扱うこと、それを作ってくれた人や買ってくれた人を思いやることにも繋がります。

さぁ、サンタクロースさんがやってくるまであと数時間。

皆様のところに、素敵な時間が訪れますように。
メリークリスマス!!

【参照】
サンタクロースサイト。
http://www.santaclaus.jp/christmas.html

                                      くらしの取説ロゴ

1 2 3 4

Copyright kurashi no toriatsukai setsumeisyo all right reseived.