尊敬する職人さんたちとともに

こんにちは、くらしの取説の瀬尾さちこです。

先週の土日で、建築交流会に参加してきました。
愛知県知多市のダイツネ工務店さんらが中心となってされていて、大工さん、建築士さん、
材木屋さん、設備屋さん、リペアをされている方など、住まいに関するお仕事をされて
いらっしゃる皆さんでゆるりと親睦をはかる会です。

もう10回という回数を重ねられた交流会。
私は3回目くらいの参加かな。

今回は、長野県上伊那郡の柏屋木材さんが仕切ってくださって、信州伊那谷を満喫して
きました。

駒ヶ根名物のソースカツ丼を堪能し、

 ソースカツ丼
このボリュームで”小サイズ”。トンカツ2枚分が乗っかってました!


分杭峠というパワースポットや、コヒガンザクラで有名な高遠城址にも立寄ました。
  高遠 紅葉
高遠城址は、今が紅葉真っ盛り!

古民家風でとっても良い雰囲気の囲炉裏のあるお宿に宿泊。
 伊那谷

  薪ストーブ 

夜は、鹿づくしのジビエ料理を堪能しながらの宴会を。
 ジビエ  
鹿のお料理って初めて頂いたのですが、とっても柔らかく、くさみもほとんどなくて、
とても美味しかったです。
最近、森では生態系が崩れてきていて鹿が増えすぎて、樹木の新芽を食い荒らすなどの
被害が深刻になっているそうです。
こうして鹿を食すことも、森を育て、良い家をつくることに繋がるんだなぁということを、
帰って来てから気づきました。

帰りのコースでは、重要文化財の旧竹村家住宅に立ち寄って。

旧竹村家

旧竹村家

今の住宅のように、造り付けの収納とかはほとんどなく、生活に必要な少しのモノを
家具を置いて収めていたのかなとか、ごちゃごちゃとモノを飾るというよりは戸を開けた
ときに見えるお庭の景色なんかを楽しんだり、人との会話を楽しんだりする暮らしぶり
だったんだろうなぁということを想像させる住宅でした。
私にとっては、憧れる暮らしのかたちの一つです。

大工さんたちは、「こんなの建てたいなぁ」「でも、申請がおりんよね」ということを
おっしゃってたり・・・。

職人さんたちと、たくさん笑って、たくさん食べて、素敵なものを見て。
楽しく過ごした2日間。
実は、今回は男性ばかりの中で女性は私一人だったのですが、優しく紳士的に歓迎して
くださって、とっても幸せだなぁって感じてます。
収納と言う建築のはじっこの仕事をまだ初めて4年弱のひよっこな私にとって、とっても
尊敬している職人の皆さん。
志や技術などについても教えて頂きながら、とても頼りにしている存在でもあります。

私がこの仕事を始める前、普通の施主ブロガー(自宅の建築日記を書いているブロガー)
だった頃から親しくさせて頂いている大工さんも何人かいらっしゃり、お会いするたびに
初心にかえったりもします。

                               収納プランナー 整理収納アドバイザ— 名古屋

1 2 3 4 5 6 13

Copyright kurashi no toriatsukai setsumeisyo all right reseived.